command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】円グラフの作り方をわかりやすく解説

【エクセル】円グラフの作り方をわかりやすく解説

構成比を表現するのによく使われる円グラフ。Excelではそんな円グラフを簡単に作成できます。ここでは円グラフの作成方法、作った円グラフの編集方法、円グラフのよく使われる活用例などをご紹介していきたいと思います。

円グラフの作成方法

Excelで円グラフを作成する手順は少ないです。以下のたった3つの手順で作成できます。

手順1:円グラフにしたいデータを選択する

手順2:挿入タブをクリック

手順3:円グラフグループ内の適切な円グラフを選択する

完成

円グラフの編集方法

円グラフの編集をするには「グラフのデザイン」タブが便利です。各項目の編集方法について説明します。

「グラフのデザイン」タブの表示方法

円グラフをクリックすると「グラフのデザイン」タブが表示されます。ヴァージョンの古いExcelでは「デザイン」と表示されます。グラフからフォーカスを外すと表示されなくなります。

グラフの要素を追加・削除

グラフのデザインタブ内の一番左にある「グラフ要素を追加」からグラフ要素の追加・削除・編集ができます。各要素について下記で説明します。

グラフタイトル

文字通り、円グラフのタイトルです。タイトル位置を編集したい場合はタイトルを一度クリックし、枠の部分にフォーカスを合わせ、カーソルが十字に変わったらドラッグして移動できます。

データラベル

円グラフの各データごとのラベルの表示切り替えができます。表示位置もここで編集ができるので見やすいものを選びましょう。

凡例

データの各系列名を「凡例」と呼び、その表示有無や表示箇所を設定できます。

「クイックレイアウト」でレイアウトパターン簡単設定

「クイックレイアウト」を使えば、よくある円グラフのレイアウトパターンを簡単に設定できます。

「色の変更」でカラーパターンを簡単設定

あらかじめ用意されているカラーパターンを選んで簡単に設定ができます。

「行/列の切り替え」

行と列を切り替えられます。グラフ化した際に思ったようなグラフにならなかった場合はまずはこちらを試してみてください。

「データの選択」で表示データの編集

表示するデータを選択できます。その他に行・列の切り替えや凡例の編集なども可能です。

「グラフの種類の変更」

グラフの種類は最初のグラフ作成時に決定しますが、後からでも変更ができます。より最適なグラフにしていきましょう。

発展編1:補助円グラフの作成方法

少し特殊な円グラフである、補助円グラフの作成手順についてご紹介します。ここでは一例として下記のように各地域の売上個数データをグラフ化していきたいと思います。関東圏内だけ都道府県の内訳が見れるようにします。

手順1:データを用意して、選択する

下記のようなデータを用意し選択します。ここで重要なのは内訳データとして表示したデータを下部にまとめているところです。この下部にまとめている東京、神奈川、埼玉、千葉が補助円グラフになります。デフォルトでは下から3つが補助部分になりますが、設定で変更可能です。

手順2:補助円グラフを作成する

挿入タブ内 → 円グラフグループ → 「補助円グラフ付き円」を選択して作成します。補助円グラフが作成されますが、デフォルトでは下から3つのデータが補助円になるので東京が抜けている状態です。

手順3:クイックレイアウトから適切なレイアウトを選択

デフォルトのままだと見にくいのでデータラベル付きの見やすいレイアウトに変更します。グラフを選択した状態で「グラフのデザイン」タブを表示し、「グラフのデザイン」タブ内の「クイックレイアウト」から適切なレイアウトを選択します。

手順4:データラベルの文字色を白に変更する

このままだと文字色が同化して見えにくいので文字色をホワイトに変更します。手順としては、グラフを右クリック → データラベルの書式設定 → 文字オプション → 「色」からホワイトを選択 です。

手順5:補助プロットの値を「4」に変更

補助円グラフの内訳が下から3つしかなく東京がないので、東京を加えるためにグラフを右クリックしてコンテキストメニュー内の「データ系列の書式設定」を選択します。データ系列の書式設定内の「補助プロットの値」で下からいくつのデータを補助円にするかを設定できます。この例では下から4つのデータを補助円にしたいので「4」と設定します。

手順6:「その他」をクリックして「関東」に名称変更

デフォルトで内訳部分はその他と表示されるので、テキストを2回クリックして「関東」と入力します。

手順7:タイトル名を変更

タイトル部分を2回クリックするとテキストの編集ができるので適切なタイトル名に変更します。

完成

補助円グラフ付きのグラフが完成しました。

発展編2:2重円グラフの作成方法

下記のような2重円グラフの作成手順をご紹介します。ここでは一例として都道府県ごとの売上額の割合がわかるグラフを作成していきたいと思います。外側の円グラフで関東と関西を表示しグループが分かりやすくなっています。

手順1:データを用意して選択

下記のようなデータを用意し選択します。ここで重要なのは関東と関西のデータは他のデータと別の列に記載することです。関東、関西は内部の都道府県の合計値を記入します。

手順2:グラフ(ドーナツ)を作成する

挿入タブ内 → 円グラフグループ → 「ドーナツ」を選択して作成します。

手順3:クイックレイアウトから適切なレイアウトを選択

デフォルトのままだと見にくいので、もう少し見やすくします。グラフを選択した状態で「グラフのデザイン」タブを表示し、「グラフのデザイン」タブ内の「クイックレイアウト」から適切なレイアウトを選択します。

手順4:文字色を白に変更

このままだと文字色が同化して見えにくいので文字色をホワイトに変更します。手順としては、グラフを右クリック → データラベルの書式設定 → 文字オプション → 「色」からホワイトを選択 です。

手順5:ドーナツ円の大きさを適切なサイズに変更

データラベルが読みにくいのでドーナツ円の大きさを変更して見やすくします。ドーナツ円を右クリックしてコンテキストメニュー内の「データ系列の書式設定」を選択し、メニュー内の「ドーナツ穴の大きさ」を調節し、見やすくします。

手順6:タイトル名を変更

タイトル部分を2回クリックするとテキストの編集ができるので適切なタイトル名に変更します。

完成

2重円グラフが完成しました。

おすすめ動画

私が分かりやすいと思った動画をここでご紹介します。

ショートカットキーの練習できます

当サイトではプレビューを見ながら直観的にショートカットキーの練習ができます。ショートカットキーは暗記するよりも繰り返しそのキーを入力して、指の動きで覚えることが一番の近道です。このサイトでは効率的にショートカットキーを習得するための練習機能を実装しています。ぜひ当サイトで定期的にショートカットキーの練習をして、仕事効率を爆速にしていきましょう。

下記STARTボタンを押下すると練習モードに入ります。
推奨ブラウザ:Google Chrome
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード
ENTERで次へ

グラフ関連リンク

関連記事