command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】チェックボックスの作り方・編集方法を図解

【エクセル】チェックボックスの作り方・編集方法を図解

アンケートやToDoリスト、チェックリスト、様々な場面でチェックボックスを使う場面があります。エクセルでは簡単にチェックボックスを作成することが可能です。しかし単なるチェックが付けられるだけのチェックボックスなら作成が簡単ですが、チェックボックスに集計機能などをつけるには少し工夫する必要があります。

ここでは簡単な実例の作り方を通してチェックボックスの作成手順をレクチャーしていきたいと思います。最初にシンプルなチェックボックスの作成の仕方、次に発展編としてチェックボックスのチェック状況をカウントする機能を持たせる方法をレクチャーしていきます。

チェックボックスの作り方

シンプルにチェックボックスのみを作成する方法です。チェックが付けられるだけの機能のみですが、複雑な機能を持たせる必要がないのであればこれで十分かと思います。

下記gifアニメで一通りの流れがわかるようになっています。ざっくりと流れを理解して詳細の説明をみると理解が早いです。

手順1:開発タブを表示させる

チェックボックスを作成するにはデフォルトでは表示されていない「開発」タブを表示させる必要があります。開発タブ表示の手順としては

  1. リボンの空白を右クリック
  2. 「リボンのユーザー設定」を押下する
  3. 右側の「開発」にチェックを入れる
  4. 「OK」を押下する

以上で開発タブを表示させることができます。下記 gifアニメを参考にすれば手順が分かりやすいです。

手順2:開発タブ内の「挿入」内のチェックボックス を選択する

「開発」タブを表示して「挿入」内のチェックボックスのアイコンをクリックします。

手順3:ドラッグしてチェックボックスを追加

チェックボックスを追加したい場所でドラッグしてチェックボックス を作成します。このドラッグする範囲はチェックボックスのクリック有効範囲になります。

手順4:作成したチェックボックスを右クリックして「テキストの編集」を押下

チェックボックスを作成時にテキストが自動で挿入されますが、ここではテキストは必要ないので削除します。

編集したいチェックボックスを右クリックで選択し、コンテキストメニュー内の「テキストの編集」を押下します。

手順5:余分なテキスト削除する

チェックボックスに付いているテキストを編集できるようになるので、既存のテキストを削除します。

手順6:チェックボックスのセルを選択

チェックボックスをコピーするためにチェックボックスのあるセルを選択します。チェックボックス自体を選択してしまい、セルをうまく選択できない場合は隣のセルから矢印キーなどで移動して選択してください。

手順7:フィルハンドルを下方向へドラッグ

セル右下のフィルハンドルを下方向にドラッグして、チェックボックス ごとコピーを作成していきます。

手順8:完成

チェックボックスが完成しました。チェックボックス をクリックすると「レ」点がつきます。

【発展】チェックボックスのチェック数をカウントする方法

上記で作成したチェックボックスにチェック数をカウントする機能を持たせます。この作成例はチェックボックスに機能持たせる、一番シンプルな手順です。うまく応用すれば複雑な機能なども持たせられます。

手順1:チェックボックスを右クリック

チェックボックスを編集したいときは右クリックします。

手順2:「コントロールの書式設定」を選択

コンテキストメニュー内の「コントロールの書式設定」を押下します。

手順3:リンクするセルを選択

「リンクするセル」にフォーカスします。右側の↑ボタンを押下してもOKです。

手順4:チェックボックスと連動させたいセルを選択

チェックボックス と連動させたいセルを選択します。連動させるとチェックボックス のチェック状況を「TRUE」か「FALSE」で表します。初期は空白のままですが、チェックボックス にチェックを入れるか外すかすると「TRUE」か「FALSE」の値が入ってきます。

手順5:OKを押下する

手順6:他のチェックボックスも同じように設定する

同じ手順で他のチェックボックス も同じように設定します。手間ですがリンクするセルを設定した状態のセルをコピーしても、リンクするセルの設定が引き継がれてしまうため、一つずつ設定していく必要があります。

手順7:チェック数をカウント表示するセルを選択

次にチェック数をカウントして表示したいセルを選択します。ここに「COUNTIF」という関数を挿入し、カウントさせていきます。

手順8:fxボタンを押下する

数式バーの左隣の「fx」と書かれたボタンを押下します。

手順9:「COUNTIF」を選択

「COUNTIF」関数を選択して「OK」を押下します。COUNTIFが一覧に出てこない場合は「関数の分類」を「すべて表示」に変更して再度探してみてください。

手順10:「範囲」はチェックボックスと連動しているセルを選択

範囲は上記手順で作成してチェックボックスを連動しているセルを選択します。

手順11:「検索条件」はTRUEを選択

チェックされた数を数えたいので検索条件は「TRUE」を設定します。

手順12:「OK」を押下

手順13:完成

チェックした数を数える仕組みの完成です。

様々な応用が可能

上記で説明した手順はあくまで一番簡単にチェックボックスと連動させる機能をつける方法です。「チェックボックスのチェック状況に合わせてメッセージを表示する」など工夫すれば複雑な機能を持たせることが可能です。

おすすめの動画

音が出せる環境でしたら、動画で手順を学ぶことをお勧めします。動画であれば理解が早いかと思うので、私のブログでは必ずおすすめ動画をご紹介しています。下記動画は初心者でも分かるように説明されているので、おすすめの動画です。

ショートカットキーの練習できます

当サイトではショートカットキーの練習ができる機能がついています。プレビューを見ながら直観的にショートカットキーを覚えられるよう設計されているので、ゲーム感覚で操作しているうちに直観的にショートカットキーを使えるようになれます。

是非当サイトで毎日練習して、ショートカットキーをマスターしてください。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

関連記事