command lab
  • TOP
  • BLOG
  • Excel

  • 【エクセル】再計算して更新するショートカットキー(Win・mac)

【エクセル】再計算して更新するショートカットキー(Win・mac)

本来Excelの数式は自動で計算される設定になっていますが、シート内に数式が多い場合に動作が重くなってしまうので、意図的に自動計算をオフにしている場合があります。

そういった場合にシートを再計算して更新するショートカットキーが役に立ちます。

シートを再計算して更新するショートカットキー

数式タブの計算方法の設定で自動計算をオフしている場合のショートカットキーです。WindowsとMacで同じショートカットキーが割り当てられています。数式が多いシートで動作がもっさりしている場合は、自動計算をオフにして、必要な時に再計算するフローに変更するのがベターです。

シートの数式を再計算WindowsF9
macF9

ショートカットキーの練習ができます

当サイトはショートカットキーの練習ができる機能がついています。ショートカットキーごとの動きが確認できるプレビュー画面を見ながら練習ができるので、直観的にショートカットキーごとの動きを覚えることができます。それによって、無意識に使いたいショートカットキーを打てるようになります。

最短でショートカットキーを覚えるには当サイトで練習することをお勧めします。なお、WindowsとMacは自動でOS判定して、課題の出し分けをしています。

下のスタートボタンを押して練習モードに入ります。
STARTSTOP
※入力モード切り替え ctrl + shift + alt + space
PRE
NEXT
ガイドモード
リピートモード

※推奨ブラウザ Google Chrome

PUSH ENTER

【予備知識】シートを手動計算に変更する方法

シートの計算する数式が多い場合は処理に負荷がかかり、シート全体の動作が重くなってしまうことがあります。そういった場合、数式の自動計算を手動に切り替えれば、処理の負荷を減らすことができるため動作が軽量になります。変更する手順は下記となります。

  1. 「数式」タブを選択
  2. 「計算方法の設定」を選択
  3. 「手動」を選択

ショートカット関連記事一覧

関連記事